« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年8月 8日 (月)

良寛詩

到る所意にかな(りっしんべんに灰のしたに一)はず、帰り去る窮巷の辺、昼は狂児の欺くを忍び、夜は隣家の喧きに任す。
わっはっはそりゃやりきれんなあ、良寛ならずとも日々またそういうこったですが、良寛世間事疎くあるいは意にかなわぬこと生死の堺ですか、ご詠歌 教師のくされこんにゃくに酢かけたようなんに会い、宗門嘘八百も埒開かぬことついにかくの如しと、むかついて腹下しして帰ってきたら、俳句という575の でたらめ三百代言が待ち受けてさんざくた、いったい自分痛まぬ詩歌なんてありえない、何百でもこさえてただもうど穢いだけ、日本人を悪くする元凶だってえ のに~いやはや下痢治らんぜ。
居室実に白を生じ、寒炉長く煙無し、已みぬ復た何をか道はむ、万事皆因縁。
自分の生きるいわれがまったくないんですか、命をかけさんざ苦労のはてがまったく甲斐もなし、托鉢如法も大法仏祖と肩を並べて行くも実にせんない、やみぬまた何をか道はん、がっくりこいて具合まで悪くなる、万事皆因縁と良寛の救い。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »