« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年8月 8日 (月)

良寛詩

欲無ければ一切足り、求むる有りて万事窮す、淡采餓を癒す可く、のう(衣へんに内)衣聊か身に纏ふ。
ただちに小欲すら修むべしと、遺教経にある、仏仏に単伝してよこしまなきときは自受用三昧これを標準とすと、ちらともさわりあるときは欲ありで す、これを捨てるもとものみなです、恥を知ること、我欲を捨てること参禅の二大要素です、それをなおざりにしててめえをひけらかすことだけの野狐禅です か、悟ったさん困ったさん、初心ただこれです、なんのための求道か、発心か、よくよく日々もて新たにして下さい。良寛まさにこの詩の示すほどの日常です、 一箇こうあるたったこれだけです。人も花鳥も月もものみなもみなこれです。欲をかくだけいらんお節介です。
独り往きてび(鹿に木)鹿を伴とし、高歌して村童に和す、耳を洗ふ癌がん(山に口三つ)下の水、意に可なり嶺上の松。
鹿どもと行き、がいどもと遊びする、山清水に耳をそそぎ、嶺の松をわが意とする、よく効いている対句ですが、嘘じゃない実際にこうであったです、詩の真骨頂これ。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »