« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年8月 8日 (月)

良寛詩

海津氏宅即事
田家風雨の後、り(竹かんむりに離)菊僅かに枝を存す、少婦濁酒を持し、稚子のう(衣んへんに内)衣を牽く。
秋長けて菊も残菊ですか、風雨過ぎて即事、法要かなんかあったんですか、小女がにごり酒を持って来て、稚児が衣をひきずってという、なんかやっぱりそっくり詩になってます。
慈善上人二仙老人問はる
余の家は国上の麓、門を開けば翆微に対す、若し寂寞を厭はずんば、頻りに叩け林下の扉。
慈善上人とか二仙老人とかそこそこに名を売った人物ですか、五合庵を訪問、はいよわしんとこは国上山の麓、門を開けば茂みばっかり、もし寂寞を厭 わずんば、しきりに扉を叩けですってさ、ぶんなぐって坐らせるかって、そういう甲斐のないことするからわしんとこ人がよっつかねーな。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »