« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年8月 8日 (月)

良寛詩

竹丘老人
故旧信(まこと)に忘れ難し、田家聊か錫を寄す、緑樹煙雨の中、燃えんと欲す赤芍薬。
竹丘老人は西蒲原郡竹ヶ原村の人海津間兵衛。むかしからの付き合い因縁まことに忘れ難し、田んぼの家に錫杖を置く、青葉茂って雨にけむる、赤い芍薬が花開こうとしている。
夏日青林の裏、高臥して共に詩を賦す、君が家遠からず、晩際涼に乗じて帰れ。
今度は五合庵で二人で詩を作った、竹ヶ鼻村まではほんの十五六町、暮れ方の涼風に乗って帰れという。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »