« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年8月 8日 (月)

良寛詩

我れ此の地に来たってより、知らず幾青黄、藤は老樹に纏はりて暗く、渓陰修竹長し。
我れこの地に来たってより、庵を結んでからです、いったい幾つの夏と秋とを迎えたか、藤は老樹にまつわりついて暗く、谷間には竹が生い茂る。
烏藤夜雨に爛れ、袈裟風霜に老ゆ、寥寥朝又夕、誰が為にか石床を払はん。
まあさ白髪三千丈式の嫌いなきにしもあらずったって、五言絶句で並べたてりゃまあたいていこうなる、烏藤は杖です、外にたてかけてあれば雨にくた びれる、お袈裟はそりゃ着て歩くんだし風霜に色あせるんです、石床たれがためにか払わん、これ実感としてこんなふうです、自分というまったく番外ですか、 とつぜんものみな親切。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »