« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年8月 8日 (月)

良寛詩

幽棲の地を占めてより、知らず幾冬春、菜はれい(くさかんむりに黎)かく(くさかんむりに雨ふるとり)是れ、米は自ら比隣に乞ふ。
幽棲の地ですか、世間からほとんどまったく姿を消すんです、そのような衒いや振りじゃないんです、世間真っ只中にあったとてまったくの一人きりで すか、だれも理解しないです、だったらシンプルに五合庵が便利です、良寛してやったりふんわしは魚釣り女好きうまいもの食いの後を引いてどうしようもな さ。でもってぶつくさ文句百万だらですか、あかざと豆の若菜を食って米は乞食して、いやはやもうつくずくそのとおり他にはなし痛感。
偏へに人事の少なきを喜び、未だ林下の貧を厭はず、帰来殊に疎傭、坐臥屈伸に任す。
良寛の立ち居振る舞い実にきしんとしてたです、いわゆる自由人文化人のふしだら、だらしなさなぞこれっから先もなかったです。こりゃほんとうに そーです、てめえのゆとりひまなんてものないのは、もとっこてめえがないからです。坐臥屈伸に任すさへこれ仏、一生不離叢林は一木一草に至るまでみんな仲 間なんです、悟っただからなんて余計ことはないんです。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »