« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年8月 8日 (月)

良寛詩

瞑目す千しょう(山に章)の夕、人間万慮空し、寂寂蒲団によ(イに奇)り、寥寥虚窓に対す。
万山千谷の夕ですか、目を半眼に閉じて坐るんです、人間万慮空しとはまさに実感です、難波のことは夢のまた夢と信長ならずとも人類史無駄っことで す、蒲団は坐禅の単です、如来と地球宇宙と等価です、人類社会のけちくさいのはもってお笑い草です、独楽を回せばくるくる廻るってさきゃっはっは、一人遊 びぞ我は勝れるの良寛禅師。だれかれ人知を尽くしたとい大通知勝もいいことしいのなんまんだ、ちらとも抜け出なけりゃそーさな孤独にうちひしがれとは情け なや、仏をなんだと思っているんかなあほくさ、壁立万尋取り付く島もなしとは、自分というそのものなんです。
香は消えて玄夜永く、衣は単にして白露膿やかなり、定より起って庭際を歩めば、月は上る最高峰。
定というのは忘我の周辺ですか、忘我すればなし、覚えれば定も妄想もまったく同じです、うまくいったうまくいかないじゃない、ものさしそのものです、だれあって即今。月は上るわっはっは最高峰ですとさ。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »