« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

五月清江の裏、揺曳す木蘭の船、素手紅きょ(くさかんむりに渠)を弄す、相映じて転た新鮮。
五月清江の水ですか、ゆらり船を曳く、木蘭の船ってどういうものかわからんだけどもさ、白い手が蓮の花を弄ぶ、一幅の名画の如しってなもんです。
岸上遊治の子、馬を馳す翆楊の傍、目撃尚未だ語らず、特池正に断腸。
遊治郎という遊び人ですか、遊子といったぐらいの文人雅人、柳のもとに馬を馳せる、一目見て語らず、ぐわーってなもんの断腸の思いですか、特池っ ての、この池を別してってほどのこったか。まあさそういう思いを足裏に隠して出家托鉢っての、あっはっは風情あるでよってわけでもないか。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »