« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

人生浮世の間、忽としてはく(こざとへんに百)上の塵の如し、朝には少年子たり、薄暮には霜鬢となる。
浮世に生きる命ですか、はく上とは街路のこと、街路上の塵っぱ一つ、少年であったと思ったら白髪まじりの薄暮です、無老死亦無老死尽、なーんてこ とはないったって仕方ないんですか、足腰痛む屁の臭さわっはっは人生塵芥。マインカンプフしますか、いやさそれも一興難事いよいよ難。
都べて心の了ぜざるが為に、永劫ま(木に王)げて苦辛す、為に闘ふ三界子、何を以てか玄津と為す。
たとい千日回峰行も心の処置を知らなければ何回やっても元の木阿弥です、いたずらに難行苦行の世間知ですか、三界子たといなすこと反対なんです よ、求めて得よう掴もうとする、玄津という結果ありとしがみつくんです、そうではない手放し捨てるんです、元の木阿弥初めっからです、満足しようという別 心なければ大満足です、あっはっは元の木阿弥満不満なし、はーいはい。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »