« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

燦燦たる娼家の女、言笑一に何ぞ工なる、遅日相喚呼し、こう(皇に羽)翔す緑水の車。
あざやかなり娼婦の家、言葉巧みに笑いたくみに、春の日をいざないさそう、得意げにしぶきを上げる水車の如く。
高歌人の心を蕩し、顧歩好客を発す、歳暮何の待つ所ぞ、首を掻いて凄風に立つ。
高い声に歌って人の心をとろかし、歩きながら顧みて好き心を起こさせる、歳暮何の待つ所ぞ、時と所を択ばないってことですか、首を掻いて凄風に立つ、愁いを含んで身をひさぐありさま、良寛のいい訳も囲いもない心にそのものずばりは、詩情や哀しさを通り抜ける風ですか。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »