« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

大いなる哉解脱の服、無相福田の衣、仏仏に方に正伝す、祖祖親しく受持す。
お袈裟のじゅです、袈裟を塔けるたんびに唱える、大哉解脱服、無相福田衣、被奉如来教、広度諸衆生。唱え唱えして何十年ようやくその意にかなうん ですか、解脱することは諸の宗教思想多種とはまったく別なんです、たったこれだけが救いであり、地球ものみなのお仲間入りです、ほかにはまったくないんで す、だから大哉解脱服です。福田これです、花のように開き雲のように流れ水のように行く、心月輪父母未生前の穢れを知らぬ、なにも云うことはないこれを得 て下さい、仏仏に単伝しよこしまなき時は自受用三昧これを標準とす、祖祖の道に合踏するんです、世界宇宙と親しくとは同じです。
広きに非ず復た狭きに非ず、布に非ず也糸に非ず、いんもに奉行し去って、始めて衣下の児と称すべし。
六祖禅師石の上にお袈裟を置き、これは信を表す云々取るなら取れといった、明上座取れず、ついにこの事を得る、広大無辺は大には方処を絶し細には 無間に入る、どうあってもこうあってもこれ、唯一無二です、悟ったさん困ったさん五万といたって仏あるいはまったくなし、一目瞭然事衣下になる人如何、ほ とんど絶望ですかいいや山水長口舌。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »