« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

言語は常に出し易く、理行は常に欠き易し、斯の言の出し易きを以て、彼の行の欠き易きを逐ふ。
云うはやすく行うは難しですか、ものごとまったくそういうことです、坐らないほどに多弁能弁になり、仏に遠いほどに仏教学者です、不立文字直指人身見性成仏、このことたったこれ、これを補うこと不可、世の中のことまさに良寛のこの詩に云うが如く。
弥よいよ逐へば則ち弥いよ欠け、愈いよ出れば愈いよ非なり、油を溌そぎて火聚を救う、都べて是れ一場のち(痴の知を疑)。
選挙運動や評論家のとやこうですか、タレントの人生譚とほどにあほくさい空涙はまだ罪が軽い、日常茶飯事いよいよ騒々しくもの淋しい、いやさ一触即発ですか、北朝鮮の魚雷のようなことやってはいませんか。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »