« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

怜れむ可し美少年、袖姿何ぞよう(甕の瓦なし)容たる、手に白玉の鞭を把りて、馬を馳す垂や楊の中。
かわいいですなあ美少年さま、優美に袖を通して、手には白玉の鞭をとって馬をやる、やなぎのしだれる道を。
楼上の誰か家の女ぞ、筝を鳴らして綺窓に当たる、遙に見る紅塵を飛ばして、聯ぺん(扁に羽)として新豊に向うを。
楼の女が筝を奏でて窓辺に寄る、とやこう馳走して女どもの巷を、新豊という中国の港ですか、これにひっかけてはるかに賑わいの地を目指すってこ と。李白の真似でもしたかな、良寛もかつて美少年であったかようもわからん、でもたいていもてないほどの男道を求めるにつけても中途半端ですかわっはっ は。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »