« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

妄と道へば一切妄、真と道へば一切真、真外皿に妄無く、妄外別に真無し。
悟るというんでしょう、妄と真を分け隔てすることがなくなるんですか、妄中に悟るあり真中に悟るあり、坐っていりゃ自ずから見る、会得するありと いう会得というなにものも残らないんです。君見ずや絶学無為の閑道人、妄を除かず真を求めずと。無無明亦無無明尽、これを知らぬ他の諸宗はいらんものはポ アしろという、なれのはての共産党に至るまでまことに物騒はた迷惑です。
如何ぞ修道子、只管真を求めんと欲する、試みに求むる底の心を求むるに、是れ妄か是れ真か。
求めようとする底の心すなわち肝心要のものがもとないんです、心を求むるに不可得、我れ汝を救い得たりと、投げ出す捨てるほかない、するとものみな平らかに行くんです、これを知るなかんずく尽くし終わるほかないんですか、わっはっはどうにもこうにも。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »