« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

紛々物を逐ふ莫れ、黙々宜しく口を守るべし、飯は腸飢えて始めて喫し、歯は夢覚めて後に叩け。
受験勉強じゃこの事遠くて遠し、先ずそのことを今の人知るによく、知識や意味を追う実智慧にあらず、死活問題はまったくべつです、黙々口を守って 修行という引き算です、得ようとしているうちは多弁の役立たず、飽食してはなんにも入らんです、たとい正師の語もてめえの物差し、邪見の辺に照らし合わせ て云々は、たわけた話です、夢が覚めてからぶったったけと、わっはっはでなきゃただもう恨まれるだけ、痴人に夢を説くなかれとはまあさそういうこと。
気をして常に内に盈たしめば、外邪何ぞ慢りに受けん、我れ白幽伝を詠み、聊か養生の趣きを得たり。
白幽は白隠の師という、飯山の正受庵ですか、たしかに飯食節あり、古来の風を守る、今に残って気をして乃至外邪を受けんと伺い知れます。飯山の正受庵とふ花をねんじ白隠さんにはなぜ伝はらず。聊か養生のおもむきを得たりと、他にひけらかすことなどなかった良寛です。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »