« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年7月 4日 (月)

良寛詩

行く行く朝野を経れば、朝野旧時に似たり、旧時の人を求めんと欲す、即ち今能く幾々ぞ。
朝野まあ野っぱらですかこの世ですか、見られる通りの世界を行く、むかしなじみを捜そうとすると、はあて幾人いることやら。
し(糸に留)と素と道はず、日夜険危に走る、惜しむべし平坦の路、唯草の離離たるあり。
しは黒く素は白く、僧俗を云いまた千差万別をいうんでしょう、だれから日夜危険に走る、ぜにもうけも名利も競争激突です、なにかしら綱渡りアクロ バットですか、もと人の歩むところ平坦なはず、平坦を求め大安心を願いなおかつ危険に走る、でもって平坦の路がどうかといううと、ひとりよがりてんでばら ばらですか、あるいは宗教思想の同じ羽の鳥、きちがいたぬきどもですかあほくさ。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »