« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

宇内其の人有り、永劫阿誰か難ぜん、堂に升って面を見ず、人を雇うて言語伝う。
天下宇宙に一箇ありははーいあなたもそうです、もと生まれ着いていえ生まれる以前からまさしくっていうのに、気がつかない、仏に会いながら仏を見 ず、如来来る如しを自ら判断せず、人を雇うて言語伝うと、噂の話をして良寛はこうだだからどうだという、どうしようもこうしようもない罰当たりですか、お とといおいで。
空をねん(てへんに占)じて山がく(叡に土)となし、石を畳んで波潤と作す、時有って康か(行のあいだに嬰の女ではなくふるどり)に出で、手を伸ばして一銭を乞ふ。
言語ではなく実際にやってみりゃ面白いです、空が山岳になり波が石畳ですあっはっは、でもって一時街中へ出て銭を乞う、面白いです、サルトルとかニイチェとかだれかれ夢にも見ぬ現実です。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »