« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

本色は行脚の僧、あに(山のしたに豆)悠々として存すべけんや、瓶を携えて本師を辞し、特特として郷州を出ず。
本職でいいんですか本来は行脚の僧です、悠々としてなんかいられない、瓶は清瓶といって中国雲水の持ち物、口や手を注ぐ水が入っている、我が国に あっては不用ですか、清瓶を携えてが行脚の本筋ってことです、本師は出雲崎光照寺玄乗破了和尚、玉島円通寺国仙和尚の化縁に会い、郷里をあとにする。まさ に不惜身命の修行であったこと、いくつかの事例が記されている、さぼっていりゃわしみたいに遅くなるばっかりです、命を預けることこれ。
朝に孤峰の頂を極め、暮れに玄海の流を絶つ、一言若し契はずんば、此生誓うて休せず。
孤峰頂上に一庵を結びと、天下の納子の舌頭を断ずと、仕上がった人を送り出す語です、唯一人です、だからどうのの卒業論文じゃないんです、比較を 絶することこれ。一言若し契はずんばとは、自らに聞けということです、ちらとも未だしあればそれは未だしです、是とするまでは今生休もうったって休むわけ にゃいかんです、どかんと大ひまが開いてはーいそれ以後を参禅というんです。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »