« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

孟夏ぼう(くさかんむりに亡)種の節、錫を杖いて独り往還す、野老忽ち我れを見、我れを率いて共に歓を成す。
初夏六月のころですとさ、錫杖をついて一人往還す、野老百姓じっさが見て、来いよと引っ張って行く、歓談しばしですか。
芦はい(くさかんむりに発)聊か席を為し、桐葉以て盤に充つ、野酌数行の後、陶然畦を枕として眠る。
六月になりゃ蚊もぶよも食うんだけどな、あしのむしろを敷いて、桐の葉っぱを皿にして、のっぱらに酒を酌み交わす、陶然酔っ払って畦を枕に眠った というのです。良寛と酔っ払うとは百万人のうちたった一人、なんという幸せか。そうは思わんですか、もっとも今様の人良寛の噂を知って良寛を知らず、ただ これ贔屓の引き倒しですか。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »