« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

終日煙村を望み、展転乞食して之く、日は落ちて山路遠く、烈風髭を絶たんと欲す。
一日中村村を廻るんですか、遠鉢といってこれがまあしんどいことは、日は落ちて山の中、おまけにひげをむしるような強風です、あっはっは泣きっ面。
のう(ころもへんに内)衣半ばけむり(火に因)の如く、木鉢古りて更に奇なり、未だいとは(がんだれに口月犬)ず飢寒の苦、古来多く斯くの如し。
墨染めもおんぼろぼうぼうですか、鉢の子お釈迦さまの頭蓋をかたどったという応量器です、禿ちょろけてようもわからんふう、空威張りして未だいと わず飢えと寒さとというわけです、あっはっはどうもこうもならんで古来多くかくの如しと云っているわけです。たいして托鉢もしないわしのようなんでも身に 覚えがあります、今はだが禅宗滅んで托鉢はそういう商売があるっきりです、仏道というたった一つの光明がふっ消える。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »