« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

荒村に乞食し了って、帰り来る緑岩の辺り、夕陽西峰に隠れ、淡月前川を照らす。
貧乏村を托鉢しおわって、緑岩の辺に帰り来る、夕日は西の山の峰に隠れ、淡い月が前の川を照らす。
足を洗って石上に上り、香を焚いて此に禅に安んず、我れ又僧伽子、あに(山に豆)空しく流年を渡らんや。
足を洗って岩の上に坐す、おれも僧の仲間だ、一生不離叢林です、空しく歳月を費やすべからず、一人きりの良寛世の中仏の世界の一員です、一寸の光 陰空しく渡らず、世間人のいう孤独だの自由だのいうただこれお茶を濁すだけの、なんのいわれもないです、妄想まるけの見るも無惨です、脱するチャンスあれ ば無為にせずと、一生に一度もないんです。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »