« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

終日乞食し罷る、帰り来たって蓬扉をおお(俺のイでなくてへん)ふ、炉には葉を帯ぶる柴を焼いて、静に寒山詩を読む。
一日托鉢して、帰ってきて貧乏屋敷の戸を閉める、葉っぱのついた柴を焚いて、一人寒山詩を読む、寒山拾得二人交歓し山の上の岩に詩を書く。
西風微雨を吹き、颯々として茅茨にそそ(さんずいに麗)ぐ、時に隻脚を伸ばして臥し、何をか思い又何をか疑わん。
のっこり足を伸ばして寝て、何を思うこともなく何を疑うこともなし、浮世のこと知れるに悲しい、淋しいばかりですか、出家世捨て人自ら進んでとい うことはなく、ただ凝れどうしようもこうしようもないんです、そうしてもって思うなく疑うなく手足等閑です、よろしくよく良寛に出会うて下さい。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »