« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

しん(日に辰)朝杖錫を持し、乞食して市てん(廓の中のへんを墨)に入る、市てんちゅう(田に寿)昔に非ず、池台半ば変遷。
朝っぱらから錫杖をついて街に托鉢する、街は昔のようではなかった、池の辺が様変わりする。
面は払う霜夜の風、嚢は重し老夫の肩、行きて旧遊の地を過ぐれば、松柏寒煙に閉ず。
夜来霜を置く、その風に面つき涼しいんですか、行鉢は老いた肩に重く、むかし遊ぶ地を行けば、松に柏に寒いもやに閉ざす。
年置いた感慨がしみじみ出ています、現つです、現を抜かして甘い夢をむさぼればなをまた無惨ですか、はーい。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »