« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

春風やや(梢ののぎへん)和調、錫を鳴らして東城に入る、青青たり園中の柳、へん(さんずいに乏)へんたり池上のひょう(くさかんむりにさんずいに平)
春風に和するにはまだ少しばかりっていうんですか、錫を鳴らして鈴を振るんですか錫杖を突くんですか、托鉢行です、城下の東に入る、柳は青々として、池にはうきぐさがただよいつく。
鉢には香る千家の飯、心には擲つ万乗の栄、古仏の跡を追慕して、次第に乞食して行く。
米も銭も千家の香りですか、心はたった一つです、たった一つは自らを知らず、栄誉という衣は着ない、古仏の跡を追慕して一人托鉢して歩く、らしいものだからおれはと顧みない時如何、独立独歩とはすなわち知らず。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »