« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

昨日城市に出でて、乞食す西又東、肩痩せて嚢の重きを覚え、単衣霜の濃きを知る。
ご城下へ出て托鉢する、乞食こつじきと読む、西へ東へ、肩は痩せて嚢鉢重く、墨染めに霜がずっしり来る。若いたって米托鉢はどえらく重くって参ったが、どだい托鉢乞食は重労働だった、二時間もするとやけくたびれ、一村始めると一軒残さずというのがきまり。
旧友何処へか去れる、新知相逢ふ少なし、行きて行楽の地に到れば、松柏悲風多し。
年寄るに従いだれかれ死に別れ、新しい人に出会うのが疎ましくなる、そりゃ良寛だろうがだれあって同じですか、仲間うち同じに年老いて、松柏悲風 多し、いいやつから先に死ぬ、非法相次ぐ一人ぼっち。自分という形影相見るが如く、死んだのちの自分のようにものみな一切です、これを知りかれを知る、し かも淋しいんです、月山でミイラになりますかあっはっは。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »