« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

冥冥たり茫種の節、のう(衣へんに内)衣冷ややかにして乾かず、軒は蓬こう(くさかんむりに高)の没するに任せ、かき(状の犬を薔のくさかんむりなし)は藤ら(羅の四ではなくくさかんむり)の穿つに従う。
冥はどんより暗いんですか茫種は六月です、衣を干しても乾かず、軒は草ぼうぼう、垣根には藤やかつらが跋扈する。そりゃ山ん中は絶えず戦んと自然に負けてしまうです、お寺だって山寺は忙しない思いをする。良寛みたいにあんまり喜んでもいられんなあ。
口有れども宛たかも椎の如く、心無うして長く門を閉ず、終日堵を環らすの室、孤坐して思いしょう(ぎょうにんべんに又に羽)然。
椎のように押し黙って、無心というより心を使わずですか門を閉ざす、あっはっはどうしようもないんですな、堵は方一丈を板とし五板を堵とするとあ る、部屋のすがたです、坐って破れ法会、破家散家という、坐るに仏に出会わぬ人はどうしても纏め上げるんです、自ら運んでよきものを得る、そうじゃないん です、ぶっこわれ投げ与える方向です、どうにもこうにも千変万化のまんまついに用なしですよ。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »