« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

一路万木の裏、千山杳霞の間、秋に先って葉すでに落ち、雨らずして巌常に暗し。
良寛無玄琴かくの如くにという、どうもこれたしかに山へ行くとこんなことあるな、一人できのこ取りに行くときは見知らぬ山だと迷わぬようにするのがたいへん、楽しいっていうときのこを取る楽しみと、林の森閑、一人っきりのなんだろうなよろずものみな。
籠を持ちて木耳を采り、瓶を携えて石泉を汲む、迷路の子に非ざるよりは、能く此の間に到る無けん。
とにかく飯を食ってたれかれ仲間があるってことですか、良寛の仲間というと子供らのほかにだれかいたんですか、書の仲間と仏の仲間と、そりゃとつぜんそういう仲間がいるにはいた、草花木石とたいして変わることもなし。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »