« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

粛粛として天気清く、哀哀として鴻雁飛ぶ、草草として日西に傾き、せき(さんずいに折)せきとして風衣を吹く。
秋のすっきり哀哀草草良寛の詩人たる面目躍如ですか。見るほうもすっきりかん。
漫々玄夜永く、浩々白露滋し、我れも亦此より去って、寥々柴扉をおお(俺のてへん)はん。
ここより去ってという、去っても去らずとも同じ様子がおかしい、幻住というんですか、真如これ。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »