« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

寥々として春すでに暮れ、寂寂として長く門を閉ざす、天に参じて藤竹暗く、階を没して薬草繁し。
長い春の日が暮れる、門を閉ざしてはだれも来ず、藤に竹が天に参ずるほどに暗く、きざはしを埋めて蓬莱ですか。うははものすざまじいって感じです。
鉢嚢長く壁に柱かり、香炉更に煙無し、瀟しゃ(さんずいに麗)たる物外の境、終宵杜けん(口にしたに回、鳥)啼く。
病気で寝ているんだな、そうするともうまるっきり見捨てられてどうもこうもならんですか、物外の境瀟洒たり、自分なくしてものみなあるんです、仏 のありようは単純でもまさにそのようには極めて難です、良寛すなわち極めて難、人知れずこそ。とけんてなんだっけ忘れちゃった、かささぎじゃなくってー

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »