« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月20日 (月)

良寛詩

静夜虚窓の下、打坐のう(衣へんに内)衣を擁す、臍と鼻孔と対し、耳は肩頭に当たって垂る。
墨染めを着て面壁です、普勧坐禅儀にある通りに坐るんです、お釈迦さまの会下他に専らにすることはないです、ものまねしたってどうもこうもならんです、自分を忘れ去ってはじめて可、坐禅が坐禅になりおわる季節。
窓白うして月始めて出で、雨渇んで滴猶を滋し、怜れむべし此れ時の意、寥々只自知す。
まわりの風景も心のありようも千変万化そのまんまです、顧みてとやこうしなければまるっきりないんです、寥々というただこれ、自知するを知らず。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »