« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月20日 (月)

良寛詩

家住深林の裏、年々碧羅長ず、更に人事の促す無く、時に采樵の歌を聴く。
住む家は深い林のうちにあり、年ごとにつたが生い茂る、人ごと疎くさらに親しい人もなく、時に木を樵る人の歌声を聞く。
まあそんなふうな環境かな、今は分水が流れているから道っぱた、いやさ良寛五合庵の観光地な、屋久島によったくって雲水どもが修行するらしいが、草茫々もこっちの比じゃないみたい、目の開いた人いなけりゃそりゃわけわからんはな。
陽に当たってのう(衣へんに内)衣を補い、月に対して伽陀を読む、為に報ず途に当たるの子、意を得るは多きに在らず。
日向ぼっこして墨染めをつくろい、月明かりに祖録を読むんですか、げじゅを見る、道にいそしむ子らに云をう、これを得るのにはあれこれいらん、たった一つことでいい、ただもうまっしぐら。つに得てついに失いなんにもならずは乞食坊主、わっはっはすっからかんの元の木阿弥。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »