« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月20日 (月)

良寛詩

病中の作三首
独臥す草庵の裡、終日人の診る無し、鉢嚢永く壁に掛かり、烏藤全く塵に委す。
一人っきりで寝ているんです、鉢の子も頭陀袋も壁にかかったまんま、烏藤は杖ですか、ほこりをかむって転げている。
夢は去って山野に翔けり、魂は帰って城いん(門がまえに韻)に遊ぶ、は(こざとへんに百)上の童子、急に依って我れのいた(至に秦)るを待たん。
夢は枯野を駆けめぐるんですか、魂は町に帰りちて遊ぶ、は上は街路ですか、がきどもがわしを待っているだろうなというんです、子らと遊ぶ春日は暮れずともよしと、空しく春の日差しですか。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »