« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月20日 (月)

良寛詩

頑愚信(まこと)に比無し、草木以て隣を為す、問ふにものう(りしんべんに頼)し迷悟の岐、自ら笑ふ老朽の身。
頑かなに愚かなことはまことに比類なし、草木の隣人ですか、わっはっはそりゃ愉快です、茂ったら茂ったっきりというのか、人の浮世は迷いあり悟り あり時流によって右往左往です、ちっとはらしくしたいったって面倒くさものうしです、老い朽ちて行く身を自ら笑う、わっはっはこれ今のわしと同じだあな。 どうもこうもならんわ。
脛をかか(寒のてんてんではなく衣)げてかん(門がめに月)に水を渉り、嚢を携へて行く行く春に歩す、聊か此の生を保つ可し、敢へて世塵をいとふべきに非ず。
脛をたくしあげて水間を渉り、頭陀袋を下げて行く行く春を歩く、まあもう少し生きていようさ、別段世塵を嫌うにあらずと、はーいそういうこってす。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »