« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月19日 (日)

良寛詩

こつ(竹かんむりに勿)
瓦礫と為す可からず、たれ(熟のてんてんなし)か珠玉の比を取らん、依稀たり麟龍の角、彷彿たり青象の鼻。
こつという師家の手にする如意と同じいもの、こいつでごんとやられると頭かち割られるかな。瓦礫となすべからず、法のない坊主が持てば石ころ、猿芝居金襴のお袈裟の手にする珠玉の類ですかお笑いです。さも似たり麒麟や龍の角、聖象の鼻あっはっははーいごもっとも。
秋夜法話に陪し、春昼坐睡に伴う、塵を払うの用無しと雖も、亦道意を佐するに足る。
秋夜法話する手にあり、春昼坐睡する掌にあり、払子とちがって塵を払うことはできないが、道を助けるに足る、老師はこつでもって見台を敲いてこれじゃとやった、ほらもうじき叩くぞかち、なあとか云って聞いていたな。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »