« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月19日 (日)

良寛詩

秋気何ぞしょう(粛のくさかんむり)索たる、門を出ずればやや(科の斗ではなく肖)寒し、孤村煙霧の裡、帰人野橋の辺。
秋深まって物淋しく、外へ出ると風がやや寒い、一村霧に煙る、帰って行く人が橋の付近に、
老鴉古木に聚り、斜雁通天に没す、唯し(糸に留)衣の僧有り、立ち尽くす暮江の前。
烏どもが古木に群がり、かりがねが連なって天に消える、ただ一人墨染めの衣を着た僧が、暮れ行く河の辺に立ち尽くす。こうして風景の一点になることが傍観され、あるいはおのれからというにはおのれまったく失せる。詩作とは奇妙なものですか。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »