« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月19日 (日)

良寛詩

覚めて言(ここ)に寝ぬる能はず、杖を曳ひて柴扉を出ず、陰虫古せい(石に切)二鳴き、落葉寒枝を辞す。
目が覚めたら寝られない、杖をとって柴の戸を開けて出る、石畳の下に秋の虫が鳴いて、枯れ枯れの枝から葉っぱが落ちる。
渓ふか(うかんむりに遂)うして水声遠く、山高うして月色遅し、沈吟時すでに久しく、白露我が衣をうるほ(雨かんむりにさんずいに占)す。
谷ふかく音もなく水が流れ、山高く月はとっくに傾き、ものみな寝静まってすでに久しく、朝露がわしの衣をうるをす。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »