« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月11日 (土)

良寛詩

仏は是れ自心の作、道亦有為に非ず、爾に報ず能く信受して、外頭に傍ふて之くこと勿れ。
仏はただこれ自らの心です、道も有為のものではない、どうしようこうしようという名利また我利のためではない、なんじに報ずと、よく信受してとい う、法を聞くと意見を陳べるしか知らないひと情けないです、知識の足しにすしか知らないとは、こりゃもうどうしようもないです。外頭にそうてとはたとい仏 も見たり聞いたりしかない、自らの心にそっぽを向くきり、それじゃなんにもなりゃせんです。
ながえ(車に舟)を北にして而して越に向ふも、早晩到着の時あらんや。北に向って南に行こうとする、地球一周すりゃいいですかわっはっは、損なら まあそうやってりゃいいったってうるさったいかぎり。仏の痛棒を食らってもなんだかんだの解釈、てめえの腐れ腹肥すばかり、みっともないです。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »