« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月11日 (土)

良寛詩

有知は其の源に達し、逍遥且らく時を過ごす、知愚両つながら取らずして、始めて有道の児と称すべし。
知有るものは源に達し、原因を究明するんですか、でもってしばらく逍遥徘徊するわけです、因果のみなもとまたそのみなもとって要するに便宜格好で すか、どうぞご勝手にというべき、有道の人は知にも属せず無知にも属せず、知はこれ妄覚無知はただもうろくでもないんですか、人のありよう野の花にもおよ ばずと。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »