« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月11日 (土)

良寛詩

欝たる彼の梧桐樹、生を托す崑崙の陰、上枝は雲日をさえぎ(石に疑)り、下根は千尋に盤(わだかま)る。
欝然うっそうと茂るんですかかの梧桐樹、そういう大木の伝えです、崑崙山の北にあった、上枝は雲をまた日をさえぎり、根は千尋にわだかまる、とんでもなくでっかいんです。
曾て衛人の顧を労し、伐られて龍唇琴と作る、一たび弾けば浩音を発し、さつ(立に風)さつとして山林に振るふ。
だもんで国を守るにしたってたいへんだ、なんとかせにゃならんとて、とうとう伐採されて龍舌琴となった、琴を作ったんです。ひとたび弾けば天地にとおる音を発して、山林みなうちふるえる。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »