« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月 6日 (月)

良寛詩

我が生何処より来たり、去って何処にか之く、独り蓬窓の下に坐して、ごつ(一にル)ごつ静に尋思す。
何処より来たり、去って何処へ行く、ほんとうにこれそう思うです、あるいは奇妙奇天烈な思いを馳せるんですか、あっはっはなんだったんだろうなあ おれはって、なんで大騒ぎをしてなんにもならずは、もとっこ浮世に生まれるいわれなく、さっぱり生まれてなんかいないというへんてこ、若しこれ坐として習 うあればこういう思いも起こらないです、見習い士官を止めて戦艦の提督になるんですか、いいえ蓬窓の下に坐って、独り尋ねるってだけです、全宇宙これに従 うんですか。
尋思するも始めを知らず、いずくんぞ(正に烏のしただけ)能く其の終を知らん、現在亦復た然り、展転総て是れ空。
坐ってまさしくこうなんです、坐禅教科書みたいに無始無終、三心不可得というこったです、観念知識として知ることは二束三文です、なんの足しにも ならん邪魔です、実際に追尋ることはただもうまったくの展転ですか、みずとりの行くも帰るも跡絶えてされども法は忘れざりけりと、ただこうあるっきりのか すっともかすらず、昨日の我と今日の我とまるっきり別。
空中且らく我れ有り、況や是と非と有らんや、些子を容るるを知らず、縁に随って且に収容。
悟出し悟入する、たんびにまるっきり別をかえって知らず、面白いんですよ得失是非の埒外です、坐らなけりゃそりゃ三百代言ただもういたずらに偉く なるっきりです、馬鹿に付ける薬ですか、坐ると内容です満足不満足の際がないんです、縁に従って収容という、もとまったくに無用の長物です。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »