« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月 6日 (月)

良寛詩

第一他に参ぜんことを要せば、先ず須べからく其の致を約すべし、致を約す之れを如何、我が見彼れの旨に異なれば、
人に参ずることは、仲たがいしないまずもって一致を見るべし、でなきゃそるあどうしようもない、でも一致するということは、あんまり容易ではない、我が意見彼の趣旨に合わずと、
暫らく我が所見を棄てて、偏へに彼れの旨に参ずべし、既に彼れの旨に契了らば、是に於ひて静に理会せよ。
まずもって自分を捨てて彼に従う、彼れの趣旨に契い終わったら、そのときに静に思んみればよし、面倒くさいこったがしゃば世間まずはそういうこったですか、まるっきり相手を見なければ問題はないんです。花知らず蝶知らず、知らずして帝の則に契う、仏の交流はこれです。
何れか短何れか長、誰か非誰か是なると、短を去って長に就き、非を去って是に従ひ。
転次是くの如く去らば、進んで仏智に契ふべし。
新婚夫婦にはなむけの言葉を老師は見を持つなかれと云った、見解の相違という時所位です、あるとき長あるとき短あるとき是あるとき非です、しかも 個人の意見趣旨なぞありっこないんです、云ってみりゃ虎の威を仮る狐ですか、物差しのあてがいっこです。良寛の近所付き合い世の中すなわちかくの如し。自 閉症につける薬ってあっはっは是是。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »