« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月 6日 (月)

良寛詩

徒に他の珍宝を数へて、日夜精神を費やす、真を取れば真は却って妄、妄を了ずれば妄は即ち真たり。
だれがどう悟った、盤珪禅師はどうした云々、そりゃ枚挙にいとまがないです、だからどうのおれはなどやってるうちは坐禅にならないです、杜撰とは なにごと錯を以て錯に就く如何など、知ったかぶり知識して、てめえいったいなんになる、ただもう真正直に問う他になく、答えも問いも直に忘れるんです、も とっこ元の木阿弥、身に付くものなんかなんにもないです、徒に精神を費やし論文を書くんですか、一切捨てて下さい、捨てねば見えないです、妄想もと自分の 独創なんかないです、真を求めず妄を除かず、了じおわって下さい。
真妄は両名の言のみ、取捨いずれに因って存せん、は(回のみぎなし)耐たり舷に刻する者、千古空しく紛うん(糸に云)。
真も妄も言い草だけのこと、取捨はあるいは時と所による、真妄に振り回されている人せっかく仏だ悟ったと云いながらそりゃなんにもならんです、結 局は我欲と欲求不満の人。はたいたりは耐え難い意、気の毒で見ていられないっていうんです、舷に刻する、剣を舟に落として舷に刻みめを入れる、愚かしいお かしなことのたとえ、まあさてめえ坐っているのにだからどうだでかしたの刻印したって、そりゃどうもならんです、千古空しくあっちこっちです、わずらわし いだけ。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »