« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2011年6月27日 (月)

良寛詩

維(これ)時八月の朔、托鉢して市廓に入る、千門平旦に開き、万戸炊煙斜めなり。
八月の一日托鉢して街路に行く、家並みは夜明けを向かえ、戸戸炊事の煙が上がる。
宿雨道路を淨め、秋風金環を揺かす、遅遅として食を乞ひ行けば、法界廓として無辺。
夜来の雨が路を淨め、秋風に垣根が揺れる、一戸あて托鉢して行くと、ものみな廓然としてはてなし。
自分というものなくてものみなあるんです、ただこれこれ。金環は植え込み門扉の様子ですか、廓然無聖不識これ。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »