« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2009年12月27日 (日)

良寛詩

薄言(いささ)か吉しん(日に辰)を択び、時候和中を得たり、望じょ(舎に予)其の始を警ましめ、豊隆終りに備ふ。
吉辰を択ぶ、日を択んで和中というなにしろもっともよい時候であった、望じょは月で豊隆は雷神また雨の神です、わしは無学でようも知らんですが、吉凶を占うのになにかこんなふうなのがあるんですか、良寛の勝手にするわけには行かない、作詞作法あるいは故事来歴ですか。
左に繁霜の剣を帯び、右に彩虹の弓をと(てへんに覧)る、雲の如きはい(方に矢の大を布)霞の如き瓔、えん(虫に宛)として其れ六龍に駕す。
繁霜霜のはげしい繁しいさまです、霜の剣そりゃもう切れそうです、虹の弓をつがえる、こりゃまあ万能の矢を放つふうです、はいは将軍の旗です、瓔は首飾り馬にかけるんですか、えんとは龍の飛ぶ姿、天子の面を龍顔と云いますか、六龍は天子の車を牽く六頭の馬、はあてさて大騒ぎの鳴り物入りは、詩人のよく作るところですか、李白もすばらしいんですがわしのようなぼんくらには思い及ばぬ、面白いってことがなによりも是。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »