« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2009年12月 3日 (木)

良寛詩

たれか香聚界を取りて、之を予の目前に置ける、俯して仰ぐ一世の表、吟詠聊か篇を成す。
香聚界とは香象菩薩の住む所とある、香聚閣というお寺の因縁であろうが、菩薩もお寺も興味ある人は調べて下さい、どうもわしは勉強嫌いで失礼致し候です、なにしろすばらしいもので、こうして俯仰するをもって吟詠して一篇の詩になった。
帰朝如何ともするなく、長途忽ち心関ず、人間き(かける意味)盈有り、再来定めん何れの年ぞ。去らんと欲して且らく彷徨し、錫を卓して思ひ呆然。
時来たら辞するよりなく、長途長い旅も心とざす、あんまり気が進まない、人間も月のように満ち欠けがある、でもまたいつここへ来られることか、というんです詠嘆はなはだですか、殺し文句の世界をもっぱらにするんですか、なーるほど。去ろうとしてしばらくあたりをさまよう、錫丈をとんと突いて思い呆然ですかあっはっは。ようできました三重丸たってわしには、詞の素養もないしとってもこんな詩は出来ないんです。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »