« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2009年12月13日 (日)

良寛詩

古墓荒岡の側、年々愁草を生ず、さい(さんずいに麗)草人の侍するなく、適たますう(趨の走をとってくさかんむり)じょう(堯のくさかんむり)の行くを見る。
子陽先生の墓をもうでる、荒れ放題のありさまに、掃除をする人もなく草むす、あらまあつたがからまって。
憶ふ昔総角の歳、従ひ遊ぶ狭水の傍ら、一朝分飛の後、消息両りながら茫々たり。狭水は今の西川、用水路になって信濃川から流れめぐる、みんなで遊んだ川の辺りを、お互い巣立って後さっぱりもうわけもわからなくなっていた。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »