« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2009年11月17日 (火)

良寛詩

名利わずかに心に入れば、海水も亦うるほし(樹のさんずい)難し、阿爺汝を度して自り、暁夜何の作す所ぞ。
名利わずかに起これば海水もこれをうるほしがたし、仏を得てどうしようこうしようの心です、ちらともあれば不自由です、もういっぺん初心に返って下さい、初心からして仏教を振りかざす、何物かになろうという心なら、これを捨てて当に初心から入門すべきです。仏たること以無所得元の木阿弥です、阿爺というせっかくおれがと、おれすなわち良寛でもお釈迦さんでもいい、いいえおれすなわちおれなんです、汝を度してより朝夕実になんにもならなかった、坐禅という手つかずではなしに、こうあらねばならぬの明け暮れです、さあ気が付いて下さい。なんでおれは届かんのか、はい名利の故にです。
香を焼ひて神仏に請ひ、永く道心の固きを願へり、汝が今日の如きに似ば、乃ち抵ご(てへんに吾)せざる無からんや。
毎日お経を上げて神仏に請うんですか、そんなことないです、毎日まったく違う自分=環境と向き合うんです、あるいは未だしあるいは忘我あるいは歓喜、たといどうあろうとも端に為にするんです、むちゃくちゃ妄想法界も挙げて無料奉仕です、仏に家に投げ入れて捨身施虎です、抵触けいげあろうともすべてをもってするんです、この身心あればわずかに是と。もとなんにもないものがなんにもないものを坐る。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »