« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2009年11月17日 (火)

良寛詩

我れ彼の朝野に適くに、士女各おの作有り、織らずんば何を以てか衣、耕やさずんば何を以てか哺はん。
我れかの朝野に行くにはまさに托鉢しもってゆく風です、良寛に机上空論なし、形而上学なしの仏教、現実そのもので面白い。織らずんば衣るなし、耕さずんば食うなし、一日働かざれば一日食うべからずの旗を翻して、鍬を隠されて餓死して死んだ百丈慧懐ですか、良寛のユニークさなんてどこにもないです、だれにでも出来ます、それがなんで真似出来ないか。

今釈氏子と称して、行も無く亦悟も無し、徒に檀越の施を費して、三業相ひ顧みず。
魚屋は魚食ってみてから売れ、坊主は死んでみてから葬式しろって云ったら、教区ご寺院連中に睨まれた、もっともこれ基本技、行い清ますことをもって沢木興道宗ですか、宗門ごと身売りしていよいよもって坊主台無し、人に見せるための坐禅しかなく、らしいことは是本当は村八分、集団自閉症の末に、ついに命脈を絶って久しく、三業とはたとい我昔所造諸悪業、皆由無始貪じん(怒り)痴、従身口意之所生、一切我今皆懺悔という、懺悔滅罪というこれ坐禅の根本です、口で云い約束ごとでは塵っぱ一つどうもならんです、人に寄食して死出虫稼業がほっときゃ偉くなるっきり、みっともないったらない。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »