« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

2009年11月17日 (火)

良寛詩

白衣の道心無きは、猶尚是れ恕すべし、出家の道心無きは、之れ其の汚を如何せん。
白衣は世間俗人です、道心なければ人格が成り立たないんです、遊び戯れてももとこれ人倫です、付和雷同でなく真の批評精神が必要です、ましてや出家に道心無しは、ただのナンセンスです、出家して求道心のないとは漫画にもならんです、坊主らごらどもの人間として不成立は、心理学病理学上の問題ですか、へんなのばっかりこんなんと付き合ったらいかんです、これその汚れを如何せん、実に良寛の時代からまったくどーしよーもないんですか。

髪は三界の愛を断ち、衣は有相の色を破る、恩を棄てて無為に入る、是れ等閑の作に非ず。
出家剃髪は恩愛を絶つ、出家もすこぶる曖昧なれば帰って難しいんですか、母親を免れえぬ人は悟りに縁遠いです、いったん世間情識を絶つ、有心から無心へです、これができないのはたとい坐禅を物扱いして、出家ではなく出世の手段のように思う、まったくどうしようもないんですが悟ったさん困ったさんのめったくさ、喚呼もって喧々諤々。棄恩入無為、真実報恩者これが基本技、いいですか仏の道なんです、なんにもないんです、なんにもないを知る、無覚の覚世の中のエリートの百生分の仕事を終えるんですか、イチロー松井がわずかに匹敵するがほどに、ものみなまさに現実。

|

« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛詩 | トップページ | 良寛詩 »