« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月25日 (土)

しゅしょうぎ

此一日の身命は尊ぶべき身命なり、貴ぶべき形骸なり、此行持あらん身心自らも愛すべし、自らも敬ふべし、我らが行持に依りて諸仏の行持見成し、諸仏の大道通達するなり。

あるいはこの段がもっとも大切ですか、仏教の根幹です。この一日の身命尊ぶべき身命なり、貴ぶべき形骸なりと、いったい今の世に何人がそのように思い得ることができますか、尊たび貴とび得ない自分など世の中のまったくの害悪なんです。柄に描いた餅やらしいふりの虚偽はったりじゃあうるさいだけです。ほんとうに実に是、坐って自分というものをまったくなくして下さい、自分なくなってたといお釈迦さまが現実します、尊であり貴である身心あるいは形骸です。これを現実しうる自らも愛すべし、敬うべしと知る、すなわちようやくこれ人の生活です、人間の尊厳これです。人の命は地球より重いなどいう上っ面じゃないです、命を鴻毛の軽きに置けという、飢えた虎に投げ与えてしまって下さい、虎の威を仮る狐の不惜身命じゃないです、たいへんなことですとはただの一箇の消息です。その一箇の消息とは、我らが行持によりて諸仏の行持見成するんです、仏を見るんです、はじめて仏のなんたるかを知る、これによって諸仏の大道通達するんです、ついに仏を継いでしきぶつびばしぶつにつなぎ、お釈迦さまに返るんです、これが仏教です。

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

しゅしょうぎ

設ひ百歳の日月は声色の奴卑と馳走すとも、其中一日の行持を行取せば一生の百歳を行取するのみに非ず、百歳の侘生をも度取すべきなり。

声色の奴び(女卑)です、思想考え方の奴隷となって馳走す、追ったくられ賭けずりまわるんです、そうしながら天才だ個性だの宗教家だ共産主義だのやっている、そりゃ回りを見ればみんなそうだから抜きん出て何かという、まことに仏の道は魯の如く愚の如く、世間知比較競争を外れてしか成り立たないですか、わずかに生まれ本来の真相です、生まれる以前死んだあともそっくり同じ、どうもこうもあっはっは役立たずの道ですか。あんまりお奨め商品じゃないですが、たった一つこれだけがほんとうに世のため人の為地球の為なんです。他は淋しく騒々しい地獄餓鬼修羅畜生のすがたです、どうかこれを思い当たって下さい、通身に思い当たってお釈迦さまの出家があったんです、人も地球のお仲間だということを知る、ほんとうに知れば百歳の侘生をも度取する、ものみなを救い得るんです。たった一つの行持を行取することこれ、ホーホケキョとうぐいすの鳴く、宇宙一切を領有するんです、ホーホケキョと鳴いてごらんなさい、ほんとうに鳴けると人にもそれがわかります、救いとは何かものの真相とは何か、喜怒哀楽がそのものそれっこっきりの姿です。抜きん出て益なし。

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

しゅしょうぎ

光陰は矢よりも迅かなり、身命は露よりも脆し、何れの善巧方便ありてか過ぎにし一日を復び還し得たる、徒らに百歳生けらんは恨むべき日月なり悲しむべき形骸なり。

徒に百歳生きる以外になんの取りえもなしというのが現代の形骸社会ですか、国の借金ばかり増えてあるいは犯罪大国淋しく騒々しい、うっとうしいすっきりしないという、これ人間の本質を忘れています、民主主義でも多数決でもない、光陰は矢よりもしみやかなりと知るなにかしら、身命は露よりも脆しと見るいきさつ、たとい百千万あろうがおれはこれというたとい潔さです、生まれて来てその意味も知らずに死ぬ、他愛ないつまらない生涯ですか、いいえつまらない命なんてないです、比較によらない無限絶対です、でなければいったいなんですか、そりゃもうアホらしくっていぇってらんないです、目覚めて下さい、百年虚言の夢、頼まれもしないお仕着せのおんぼろ衣脱いで、そうねえまずは宇宙風呂。

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

しゅしょうぎ

病雀尚ほ恩を忘れず三府の環能く報謝あり、窮亀尚ほ恩を忘れず余不の印能く報謝あり、畜類尚ほ恩を報ず、人類争か恩を知らざらん、その報謝は余外の法は中るべからず、唯当に日々の行持その報謝の正道なるべし、所謂の道理は日々の生命を等閑にせず、私に費やさざらんと行持するなり。

病雀は舌きりすずめです、窮亀は浦島太郎です、三府の環余不の印はまあようもわからんが浮き世の往来とつけたしとですか、恩に報いることあるいは人間の根幹です。大法の恩に報いるには、ただまさに日々の行いです、日々なおざりにせず、わたくしに費やさざることです、坐禅の根本です、自分ひとりよがりのために坐禅し、見性を求めている、なを木によって魚を求める如しです。坐禅見性といい得たといいだからといってひけらかす、もっとも仏に遠いことです。坐禅も見性もせずはそりゃ問題外です、坊主のみにくさだらしなさを見習うことはないです。行持綿密は猿芝居じゃないです。箇の無縫塔これよくよく見るによし。

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

しゅしょうぎ

今の見仏聞法は仏祖面々の行持より来たれる慈恩なり、仏祖若し単伝せずば奈何にして今日に至らん、一句の恩尚ほ報謝すべし、一法の恩尚ほ報謝すべし、況や正法眼蔵無上大法の大恩これを報謝せざらんや。

仏仏に単伝する以外に仏教はないんです、余語のことはみな娑婆世間の有象無象です、どう取りすがったとて身命の救いはないんです、らしいことをしてお茶を濁す、迷妄が迷妄を呼びただこれ同じ羽の鳥を集めるだけの淋しく騒々しいかぎりです。まず自分というこの一個かららしいこと、淋しいことを取っ払って下さい。人まねしたってうるさったいだけです。鶯のようにホーホケキョと鳴くたって物真似じゃ届かない、坊主のお経がうすら気味が悪いだけの、趙州無字の公案たとい透過するも、一箇無になり終わる、ようやくにして小鳥の囀りに匹敵しますか、花が咲いたら花の楽しみです、ここのまり十まりつきてつきおさむ十ずつ十を百と知りせばと良寛、君無くば千たび百たびつけりとも十ずつ十を百と知らじをやと貞心尼。仏祖単伝するとはこういうことです、まり一つつけない自分のわだかまりを知って下さい、ことはそれからです。行持宇宙に鳴りとよむんですか、無上大法の大恩を報謝して下さい、生きとし生けるものこれ、山河大地これ。

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

しゅしょうぎ

見ずや仏の言はく無上菩提を演説する師に値はむには、種姓を観ずること莫れ、容顔を見ること莫れ、非を嫌ふこと莫れ、行ひを考ふること莫れ、但般若を尊重するが故に、日々三時に礼拝し、恭敬して更に患悩の心を生ぜしむること莫れと。

無上菩提ということがある、他は二の次三の次です、一神教の神さまではない求めるおのれ自体です、共産党の目的のためには手段を選ばずじゃない、もと全体ですひとりよがりは不可です。若しこれを演説する師に値はんにはとある、仏の噂ではない仏なんです、仏教というないものを言触らすんじゃない、もとなんにもないんです。種姓もない、男女の別もいらん、非を嫌う行いを考えるなし、そりゃあみな世間知です、世間比較をもって真実に当てることなし、世間知は世間知としてあるときは用いあるときは用いず、ただし非をいとわず、行いを見ずは便利でいいという坊主ども、そりゃまったく別ことです。たった一人暮らしの良寛さんが実に厳格であったことはよく知られています。もとこれゆるがせにせず、老師も是是といいながら実に厳格であった。もとよりでたらめ放逸などないんです。でたらめ放逸の人は坐っても妄想を追いかけるだけ、実に坐禅にならんのです。ただ般若を尊重するがゆえに、日々三時に礼拝しと、身心を挙げてたったこれ一つです。般若ぱーらみーたー彼岸にわたり切るんです、智慧とはただこれ。人為のものじゃないんです。患悩の心を生じてはもとより右往左往、たとい生じても即ち消えるんです、ちらとも見て下さい、身心おおよそのありようです、でないとなんにもならんです。

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

しゅしょうぎ

静に憶ふべし正法世に流布せざらん時は身命を正法の為にほう(てへんに九に力)捨せんことを願ふとも値ふべからず、正法に逢ふ今日の我等を願ふべし。

どうしても真実が欲しい、ほんとうが得たい、ほんとうでありたいというのは、人皆の根本の願いです、身命を挙げて思う所です。でも正法に出会えない人が千万人、出会える人がたった一人いるかどうかです。出会えている自分、あなたです。他にはさらにないです。坐っていても妄想を追いかけるだけだ、どうしたらいいかと問う人、それじゃ坐禅にならないといえば、どうしたら坐禅になるかと、ノウハウなしを知ること先決、ノウハウなしを知るはどうしたらいいかと聞く、ノウハウなしと。取り付く島もなし、はいこれ身心まさに取り付く島もないんです、あなたというものに手を付けること不可能、はいこれ仏法です。ものみな取り付く島もなし、ものみな正法です、真実相として成り立っています、ではそれを知る如何、知らぬもっとも親切、朕に対するは誰そ、磨云く、不識。知らないと大手を広げて下さい、大海中の海水ですか、これ通身帰依、不惜身命です、飢えた虎に食われ終わって下さい。ノウハウこれ。

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

しゅしょうぎ

第五章行持報恩
此発菩提心多くは南閻浮の人身に発心すべきなり、今是の如くの因縁あり、願生此娑婆国土し来たれり、見釈迦牟尼仏を喜ばざらんや。

南閻浮題はああこの浮世のことです、たとい王侯貴族の生まれでありながらも出家して法を求める発菩提心です、何をしなくてももうこれでいいというんでは、そりゃそれっきりの退屈至極ですか、人間としてこうあらねばならないというたがを超えて求めるんです、元来そのように出来ています。宇宙あり星震を頂き山河大地あり、草木あり生きとし生けるものありです、願生此娑婆国土し来たんです、ほかのことはいらんのです、同事というは不違なり侘にも不違なり自にも不違なり、見釈迦牟尼仏を喜ばざらんやです。世界にはさまざまな宗教があるんではないんです、仏と仏の教えだけがあるんです、薄福少得の衆生はついに仏に会わず、たといその百生も迷妄のままに現を抜かす、本当本来のおのれを知らぬままにする、人類の歴史とはすなわちこれ、瓦礫の山です、しっかりと目を見開いて見て下さい、はーいたった一つです。

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

しゅしょうぎ

同事といふは不違なり、自にも不違なり、侘にも不違なり、譬えば人間の如来は人間に同ぜるが如し、侘をして自に同ぜしめて後自をして侘に同ぜしむる道理あるべし。

同事です、これを知らずはそりゃ仏でも坐禅でもないです。汝これ彼にあらず彼まさにこれ汝、経行といって歩く坐禅に向かう相手が自分になってこっちを見ている、不思議だなあと思ったのが最初でした、すっかり相手になっている、意識を通さないんです、面白いでしょう。先ずもって自にも不違なりです、自分という偽者がいたらそりゃだめです、仏教以外にこれを知るものはないんです、自我と神さまの三者対談じゃそりゃ収拾が付かないんです、それを無理やり納得ずくが西洋の歴史でしょう、平和を云いながら喧嘩ばっかりしています。醜悪このうえないです、法王の演説という妄想まるけです、これでは侘にも不違なりなんてこれから先もないです。信ずる者は救われるというお仕着せです、右の頬を打たれたら左を出せという厚っかましさです。如来来る如し、もと人間というお仕着せの枠組みじゃないんです、信不信によらないんです、魚に似て魚行けり見ず自ずから澄む、真相とはたとい人間の如来は人間に同ぜるが如し、まさにもってこれを知って下さい、知識じゃない現実なんです。それゆえに如来は先ず仏になれと示すんです、そうしてついには自をして侘に同ぜしむるんです、特別別格などいうものないです、自分という別誂えの思想を要さない、外にあるものばっかりでいいんです、思想という多種類は多種類のまんま用いればいいです、さまざまな存在理由ですか、はいはーいと返事してもう忘れています。たとい自分妄想の虜なら、鏡に映し見るように習えばいいです、ついになんにも映らなくなります、するとやや近いです、同事ということが起こります。

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

しゅしょうぎ

利行といふは貴賎の衆生に於きて利益の善巧を廻らすなり、窮亀を見病雀を見しとき、彼が報謝を求めず、唯単へに利行に催さるるなり、愚人謂はくは利侘を先とせば自らが利省れぬべきと、しかには非ざるなり、利行は一法なり、普ねく地侘を利するなり。

これは道徳や宗教ではないんです、利行は一法なり、あまねく自他を利するなりと、もとただこのとうりにあるんです、自然法則というように、自分という観察者が外にあって云うんじゃないんです、自他なし自分も自分のほかももとこの中にどっぷり漬けです、だからどうしようというんではなく、よこしまにし過つことあれば不具合なんです、一切苦厄のもとになるという、よくよくこれを知って下さい、これを知るとは色即是空です、身心脱落して空じ切る他なし、でなけりゃ我欲をもって無理無体があるばかり、もと行われていることがただこれ納得できないんです。流転三界中、恩愛不能断、棄恩入無為、真実報恩者と、これ出家剃髪のげです、自分=世の中というめくらましですか、架空を捨て去ることからです。愛という色眼鏡じゃないんです。平和博愛という蛇足じゃないです。

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

しゅしょうぎ

愛語といふは衆生を見るに先ず慈愛の心を発し顧愛の言葉w施すなり、慈念衆生猶如赤子の懐ひを貯へて言葉するは愛語なり、徳あるは讃むべし、徳なきは憐むべし、怨敵を降伏し君子を和睦ならしむること愛語を根本とするなり、面ひて愛語を聞くは面を喜bしめ、心を楽しくす、面はずして愛語を聞くは肝に銘じ魂に銘ず愛語能く回天の力あることを学すべきなり。

正法眼蔵愛護を書きうつす良寛の書があります、ただこれこのとうおりです、心身脱落の季節他なくまさにこれ書き写すによく、涙もてするによく。

| | コメント (0)

2009年4月11日 (土)

しゅしょうぎ

一銭一草の財をも布施すべし、此世侘世の善根を兆す、法も財なるべし財も法なるべし、但彼が報謝を貪らず、自らが力を領つなり、舟を置き橋を渡すも布施の檀度なり治生産業固より布施に非ざること無し。

浮世の産業事業もとはといえばこの通りに成り立っているんです、たとい死んで財産を残したとて、自分のものにはなんにもならんです、子孫がそれによって潤ったとて、自分にはさらに関わりがないんです。それを我が物と思いどこまでもキリスト教支配みたいな感じですか、浮世を重くし煩さったくするだけです。此世侘世の善根を兆す、法も財なるべし財も法なるべしと、ただこれこうあるっきりです、どこかに自分というよこしまあれば、たとい隠しおおせたってもとより現れるんです、舟を置き橋を渡すこと、たとい碑を建てても後の世の荷厄介、手をもたげれば宇宙おのずからに運ぶ、花をねんずれば香衣に満つる如くに、因果必然です、必ず行われて所有と非所有とこれまったく同じことを知る、人生の醍醐味です、坐っているのと同じなんですよ、わしらのような貧乏人も無一物中無尽蔵。

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

しゅしょうぎ

其布施といふは貪らざるなり、我物に非ざれども布施を障えざる道理あり、其物の軽きを嫌はず、其功の実なるべきなり、然あれば則ち一句一げ(喝の口でなくにんべん)の法をも布施すべし、此生侘生の善種となる。

我が物にあらざれども布施を障えざる道理ありと、もと我が物なんてないんです、自分という身心も思い込みです、ものみな仏であるのに邪まに我が物とする、あらゆる苦しみ不都合はそれによって起こる。観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時、照見五うん皆空、度一切苦厄。と心経にあるとうり、ぱーらみーたー彼岸に渡ることをもって仏教の根幹です、邪まの我をもとへ返す。よって無上正当菩提涅槃妙心を得る。それゆえに貪るも貪らないもないんです、法を説くとはなんにもないゆえにすべてを与えるんです、法を説いたからおれは仏だ、ほんとうに仏になっていないけれども、これを知る、だからといってする、我利我利亡者です、ほんとうに成仏するとき、微塵もないちりあくたです、耳を澄ませてよう聞いて下さい、耳無うして聞けばいい、無心を説きながら有心という障りです、三つの子供にさえ明白です、此生侘生の善種となることまさにこれたった一つ。

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

しゅしょうぎ

衆生を利益すといふは四枚の般若あり、一つには布施、二つには愛語、三つには利行、四つには同事、是れ則ち薩た(土に垂)の行願なり。

布施愛語利行同事というみなまた人に日常、なりわいといい事件というそのものです、別にあるものじゃないです、そうしてこれ自分で囲うところを開く、開き与えるんです、ついに与えるもののないときに同事というんです、ボーディサットバ修菩薩行さったの行願とは、ありのままでいいわしは悟ったなどいう安楽椅子の微塵もないことを云うんです、一寸坐れば一寸の仏という、仏とはこの世に花開く、二ールバーナ涅槃寂静というには、一寸も滞るなし、想像を絶するんです、何をしただからいいんだという世界じゃないんです、徳を積むべしという、徳という意識あってはただもう醜いばかりです、日本人の男はみんなきんを抜かれ女はパン助の、占領されっぱなしから立ち直るきっかけはこれ、絵に描いた餅ではなんにもならんことを知って下さい。野球が世界一になった、豚もおだてりゃ木に登るっていうんですか、野球選手のはつらるつる面構え、活躍ぶりは人天下一のハンコを捺せばかくの如くと、まずもって見性して下さい、宇宙いっぱい大n明け渡す、見るものも見えなすこともなしうるんです、いじけきって自己反省、あいまいもこのひげ生やした中高年じゃ、そりゃまあどうもこうもならんです、死んだがよっぽどましですか。

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

しゅしょうぎ

設ひ仏に成るべき功徳熟して円満すべしといふとも、尚ほ廻らして衆生の成仏得道に回向するなり、或は無量劫行ひて衆生を先に度して自らは終ひに仏に成らず、但し衆生を度し衆生を利益するもあり。

仏になるべき功徳熟して円満すとは、常識三百代言とはまるっきり無関係です、または無門関碧眼を卒業したという無駄骨折りです、自分というもの如何に失せるか、自我という架空を去るかということたったこれです。北野元峰禅師は只管打坐というよりは一つ二つと数えてぶち抜いたそうです、そういう人幾人あったろうが禅師はたぐい希です。人に唾を吐きかけたら拭うなと云われる、拭えば相手に悪感情を起こさせると、朝鮮赴任の折にだれか大威張りに、うっかり挨拶がおくれて、痰を吐き掛けられ、拭わずに平伏すると、かえって相手がいたたまれなくなった、実際にそういうことがあってのお言葉であった。何百という聞き手に罵詈雑言であったという、おまえらのような強欲どもはさっさと死んだがましだとほどに、みな随喜の涙を流して聞く、侍者であった老師からわしは親しく聞いた。自分という取り得ないしは取り得を計量するものなんにもなかったんです。おそらく悟ったからどうのなんてこと、爪から先も思わなかったんでしょう、悟れば悟るほどにいよいよ発露白仏です。衆生の成仏得道に回向するほかなく。最後の禅師であった。飯田とういんさんと禅師と、いいえそのあと宗門は完全に仏教にそっぽを向いてしまった。もはやこりゃどうしようもないです。禅師も飯田老師も出会えばまったく違うんです、仏とはこれ娑婆人間とはまるっきり別です。ほんとうですよ。

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

しゅしょうぎ

若し菩提心を発して後六趣四生に輪転すと雖も其輪転の因縁皆菩提の行願となるなり、然あれば従来の光陰は設ひ空しく過ごすといふとも、今生の未だ過ぎざる際ひだに急ぎて発願すべし。

菩提心をおこすということ、今の人学者坊主もまた一般知識ももっとも遠いんですか、いたずらに知識をひけらかし、飯の種にしおれはだから偉いんだという、テレビにも出ようかという、菩提心がもっとも欠如しているんです。仏教というもとあるはずのないものをもてあそび、他の為にするんではなしに、自分の弁護に用いる、こんなのは下卑たる唾棄すべき。命は鴻毛の軽きに置けという、人間の命は地球より重いという、他人の命を軽く、自分の命を地球より重くという、そりゃ北朝鮮金正日です。たとい仏教を云々して北朝鮮をしていませんか、仏とは何か根本に問い直して下さい。たとい菩提心を発して六道輪廻に浮沈すともという、人間われら即ち六趣四生に輪転です、すべての赤ん坊が七歩歩いて天上天下唯我独尊であるはずが、なぜか輪転浮沈です、しかもなほかつ菩提心をおこせば必ずこれを得る、たとい従来の光陰は空しく過ごすというともです。

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

しゅしょうぎ

其形陋しといふとも此心を発せばすでに一切衆生の導師なり、設ひ七歳の女流なりとも即ち四衆の導師なり、衆生の慈父なり、男女を論ずること勿れ、此れ仏道極妙の法則なり。

自未得度先度他の心、自分のいちばん大切なものを捨てても他のためにという、これ仏道です、仏道極妙の法則とはなにか、よくよく見て取って下さい。もとないはずの仏法云々じゃない、無心という無い心のありようをいうおろかしさじゃないんです。法要猿芝居の導師をして人天の導師などふんぞり返る坊主が最低ですか、人のふりみて我が振りなおせ、唾棄すべき坊主から三つの子に立ち返ってごらんなさい、人生あるいは人間というものがなんというすばらしい美しいものかと思い当たる、たといいたずら手に負えぬがきでもです。ましてやお釈迦さまは触れるものみんい救う、どうしようもなくそのものそのものなんです、会うだに見るだに歓喜であり幸せこれに過ぎるなしを知る。そうです、自らを省みないからです、そういうものになって下さい、日夜励んで下さい、寸分も滞るなく。

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

しゅしょうぎ

第四章発願利生
菩提心を発すといふは己れ未だ度らざる先に一切衆生を度さんと発願し営むなり、設ひ在家にもあれ、設ひ出家にもあれ、或は天上にもあれ、或は人間にもあれ、苦にありといふとも、楽にありといふとも、早く自未得度先度他の心を発すべし。

発菩提心のない仏教なんかありえないんです、仏教学者娑婆の三百代言ひいては師家説教師法師に至るまで、飯の種てめえをひけらかし売らんかなのほかになく、仏仏教を食い尽くしてどぶっかすしか残らない宗門という付和雷同、これはもうどうしようもないです。ほんとうに道を求めてついには自未得度先度他です。悟り得て二ールバーナ本来本法性は私するもの微塵もないんです、それゆえ菩提を究尽するの修証なんです。どうにも残る未だしという、私しているそやつを先度と明け渡すときに、ものみな完全するのを知る。どうかこれ肝心要と知って仏を得て下さい。だれかれ仏教らしいことを云って、おれはまだ悟ってはいないがなどいうのは論外です、仏教らしいことなんてないんです、ないものをまことしやかにする、恥を知れというのが仏教入門です。いいですかてめえ我利我利亡者で人を説いたってそりゃなんにもならんです。もっとも大事において他に明け渡す、仏教以外に道はなし、同じ鳥の羽の集団しないんです、歴史の恥人類の汚点です。或いは天上にもあれ、或いは人間にもあれ、苦にありというとも楽にありというともと、これよくよく見て取って下さい。仏とは何か、仏の教えとはなにか、みなまたついにはこれを得て下さい、一切事において解決済み=まったくの未解決ですよ、発菩提心。

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

しゅしょうぎ

諸仏の常に此中に住持たる、各々の方面に知覚を遺さず、群生の長しなへに此中に使用する、各々の知覚に方面露れず、是時十方法界の土地草木しょう壁瓦礫皆仏事を作すを以って其起こす所の風水の利益に預る輩、皆甚妙不可思議の仏化に冥資せられて親き悟を顕はす。是れを無為の功徳とす、是れを無作の功徳とす、是発菩提心なり。

これがまさしくこの内容です、よくよく見て取って下さいとは、物真似や見習うんじゃないんです。自分をもて運んでどうしようこうしようというんではない、あるいはこの実情各々の方面に知覚を遺さずという、知覚を残さぬとはどういうことかと、たとい誰にも指し示すことはできないんです。群生のとこしなへにこの中に使用するとは、仏という生活それ自体です、本体を説明し法はよって件の如しという、そりゃ百歩遅いんです、ただもって如実に示す、永遠に使用して下さい、これあるによって一切ものみな擲っても仏なんです、ただもうこれっきりないんです。各々の知覚に方面露はれずとは、まずもって自分こっち悟ったという皮袋一枚剥がして下さい、向こうに行っちまっている、彼岸にわたると彼岸が此岸です、面白いとはまさにこれを云うんです、ぱーらみーたー般若の智慧です。風水の利益という、風水という別格があるんじゃないんです、幽霊に形なし、利益にあずかるとは甚妙不可思議の仏化です、これゆえになんにもないというあのくたらさんみゃくさんぼだいを得るんですはい実に得て下さい。無為の功徳なり無作の功徳なり、これ発菩提心なり、できたといって安楽椅子とはまるっきり無縁です。

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

しゅしょうぎ

世尊明きらかに一切衆生の為に示すしまします、衆生仏戒を受くれば即ち諸仏の位に入る、位大覚に同じゅうしおはる真に是れ諸仏の子なりと。

一切衆生はあながち人間のみにあらず、生物無生物の別なし、同じなんです、自分なければ一切他の為にすということです。坐禅をしても妄想を追い妄想のああだこうだばっかり、坐っても坐らないでも同じ、なんにもならんどうしたらいいかという、ノウハウが欲しいという、ノウハウなんかないです、ただちにそやつを抜け出す、他になんの方法もなし。さっぱり埒開かんなんとかしてくれったって、人任せにすりゃ百年河清を待つきりの、むちゃくちゃなんでもあえいをただもうぶち抜く他ないんです。数息観も隋息観も隻手妙音も無字の公案も早いようで遅いんです、手段のないほうがいいです、人間我ら元来手段なし。無字も数息観も何人かクリアーしたっていう人を見ましたが、どうもほんとうの役には立っていない、なぜか、なにしたってついには手段なし、ただの手付かずしかないはずが、たいていは本来のものにならず。即ち諸仏の位に入る、位大覚に同じゅうし終わると、はい他はなーんにもないんです。

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

しゅしょうぎ

受戒するが如きは三世の諸仏の所証なる阿のく多羅三みゃく三菩提金剛不壊の仏果を証するなり、誰の智人か欣求せざらん。

受戒するということはあのくたらさんみゃくさんぼだい無上正当菩提を証拠する為です、三世の諸仏のこれをもって示すところ、他にはないんです。すなわち涅槃妙心を得ることは受戒を根本とするなりと、自堕落手前勝手のお悟りなどないんです、今の人まったく間違えています、文学や直感や他にひけらかすための、あるいはお悟りという自分で自分を観察するんでしょう、そういうことの寸分もないのが仏なんです、たった一人暮らしの良寛さんは一生不離叢林です、たとい対大古法ががきどもであったとして絶対服従です、永平正法眼蔵に涙のあとを記す、ひとりよりあるいは坊主らしさだの物真似のこれは取り付く島もないです。あのくたらさんみゃくさんぼだい、なんにもないんです、なんにもないといっているものがない、誰の智人か欣求せざらんと、良寛研究など取り巻きの夢にも見ない、日々葛藤ですか破家散宅の枚挙に暇もない、不落安穏という皮面一枚剥がして、なほさらに遠く。

| | コメント (5)

2009年4月 1日 (水)

しゅしょうぎ

次には応に十重禁戒を受け奉るべし、第一不殺生戒、第二不ちゅう(愉のにんべん)盗戒、第三不邪淫戒、第四不妄語戒、第五不こ(酉に古)酒戒、第六不説過戒、第七不自讃毀他戒、第八不けん(樫のりっしんべん)法財戒、第九不しん(目に真)い(圭に心)戒、第十不謗三宝戒なり。

得得式に、つまり坊主になるとき示される、汝よく保つや否や、よく保つと答え、もしこれ第二以下ならなんとかやれんことはない、だが第一不殺生戒は、たとい大腸菌だろうが殺せば一瞬も生きていかれん、どうしようかと思った、なにしろよく保つと云って式終わる。のちに寺を持って駒澤の学生が来た。教授に聞けば妄りに殺すなかれ、妄りに犯すなかれだという、おれはそんなことでは納得出来ない、不殺生戒などいう、守ろうたって守れぬことをお釈迦さまは示したのかという、大学四年間の疑問だといった。よく見ろとわしは云った、これは人間の取り決めじゃないんだ、もとっからこうあるんだと、そうかと云って彼の体倍にも膨れ上がる、悟ることは悟って帰って行った。いいですか誰あって仏者たるもの、正面切ってこれ十重禁戒に対決して下さい、結果出ぬなら仏落第です。必ずや得て下さい。仏遺教経にある、戒を第一安穏功徳の諸住所となすと、まことにこれ安穏功徳の住処です、よくよく見て取って下さい、一神教契約宗教の山上の垂訓とはまったく別なんです、これを知る元来仏の道です。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »